MENU

引越し見積もり書

引越し業者を選び方として見積もり書を出してもらうことは大切です。引越しの見積もり書はそのまま契約書になる事がほとんどです。しっかりと細かく記載されているかチェックしましょう。

 

引越し業者名や連絡先、引越し先と現住所、引越しの費用等のチェックは当然ですが、他にも注意しておかなければいけないポイントがあります。

 

営業マンが作成する作業指示書を元に作業員が引越し作業をします。

 

営業マンとの交渉で費用の値下げや無料サービスを頼める場合もありますが、口約束だけではトラブルの原因になります。

 

一度に全て運びきれなかった。
積み切り契約で大量の荷物を残された。

 

リストに載っていない荷物があった。
ベット等大きな家具の吊り上げ、吊り下げ作業が必要だった。

 

運んでもらう荷物のリスト。

 

トラックのサイズや台数。作業員の人数や有料道路の料金などの実費。梱包や家具の分解・組み立て等、どこまで作業を作業員がしてくれるのか。

 

壁や柱を保護する養生作業の有無。

 

梱包資材の数や費用、無料サービス等。

 

エアコンの脱着、ピアノの運搬などの付加サービスの有無と料金。

 

特別な作業等の特記事項。

 

貨物保険の適用内容や限度額。

 

支払い方法。

 

要望や価格等、記載されている内容に漏れや、誤りがないかしっかりとチェックをしましょう。

 

また、業者は引越運送約款を提示する決まりになっていますが、見積もり書の裏面に印刷されている場合があります。

 

荷物の破損や紛失、キャンセルについて等、依頼者と業者間での重要な取り決めについて書かれているものです。
必ずチェックしておきましょう。

このページの先頭へ