MENU

引越し費用の仕組み

引越しの費用は、荷物の大きさや数で必要な車両のサイズや作業員の数の割り出し、エレベーターや階段作業の有無など、引越しの環境でも変わってきます

 

引越しの見積書や契約書に記載される費用は『基礎運賃・基礎作業料金+実費+付帯サービス料=引越し料金』という計算式を元に費用の計算がされます。

 

基本運賃・基本作業料金は時間制と距離制があり、業者が都合の良い方を選択できます。

 

このシステムは、あらかじめ国土交通省によって定められている標準引越運送約款、または認可制の引越運送約款というものに基づいて計算されます。

 

時間制。

 

4時間か8時間、軽貨物運送業者の場合は2時間か8時間という基礎時間があります。

 

それに、移動を含めた作業時間が1時間を超過するごとに追加料金が加算されます。

 

距離制。

 

100Km、軽貨物運送業者の場合は30Kmという基礎距離があります。

 

輸送距離が超過すると1Kmあたりの追加料金が加算されます。

 

実費。

 

作業員人数分の荷役費、資材費、交通費等。

 

積み地から降ろし地までと、降ろし地からの引越し業者帰路分の有料道路の料金を見積もりに含める事がほとんどです。

 

フェリーを利用する場合も荷主が引越し業者の往復分を負担することになっています。

 

付加サービス。

 

エアコンの取り付け、不用品の処分、ピアノの運搬等がこれに含まれます。

 

引越し業者が自社で対応する場合には比較的安いですが、提携業者に依頼する場合は費用に差が出ます。

 

中には引越しのキャンセル防止の為、内金・手付金等請求する営業マンがいるらしいですが、違法行為なので気をつけてください。

このページの先頭へ