引っ越しでやるべきことを徹底解説

引っ越しでやるべきことを徹底解説しています。家具の搬入経路を確認することやペットも一緒に運べるか?また荷物の一時預かりサービスや不要な荷物を処分してもらえるかなど意外と忘れがちな事柄やヒッ¥腰業者の選び方のポイントを説明しています。
MENU

家具の搬入経路を確認

引越し業者で見積もりをしてもらう場合は以下の点が必ず確認されます。
現在住んでいる階数や引越し先の階数、エレベーターが使えるのかどうかという事と大きな家具があるかどうかという事です。

 

もし大きな家具を引越し先に持っていきたいと思っている場合、運び入れたいと思っている部屋の間取りや搬入経路は事前に把握しておくようにしましょう。

 

これは引越し以外にも、新しい家具を購入して届けてもらう場合にも同じ事が言えます。
例えば、引越し先の二階にベットを配置したいと考えているとしましょう。

 

しかしきちんと事前に家具の搬入経路を確認しておらず、階段の横幅や縦幅の問題で、どうしても室内から持っていくのは不可能な状態に陥ってしまいました。

 

この場合、特殊なクレーンを借りて来たりして、外から荷物を運び入れることになります。

 

二階程度なら紐で結んで吊り上げるという方法もありますが、紐で家具に汚れや傷が付いてしまったり、紐が吊り上げている最中にほどけて荷物が落下して壊れてしまうという危険性があります。

 

出来るだけ室内から運べるようにしておけるように、どこに家具を置くかは、きちんと寸法を測って決めておきましょう。

 

荷物を運び入れられないと、最悪の場合、搬入の日が伸びてしまう事もあります。

 

引越し業者によっては見積もりの時点でこの問題を教えてくれる所もありますので、当日に荷物が運べないという問題が起きないように、荷物を実際に動かす前に業者の方と何度か相談しておくようにしましょう。

不要な荷物を処分してもらう

引越しの際には不要なものが沢山出てきます。
この場合、自分で処分した方が格段に費用は少なく抑えることができます。

 

しかし、不用品回収の日に間に合わない、引越しの期日がない、処分する時間がないという人もいらっしゃるでしょう。

 

通常の大きいだけの家具でしたら、市の回収車に来てもらうことも可能です。

 

しかし、リサイクル法という法律でテレビや洗濯機、エアコンなどを処分する場合には、リサイクル券というものを発行しなければいけないと決められています。

 

この場合個人で処分するには、それぞれの家電メーカーに連絡をして、金額を確認し、郵便局で料金を支払い、既定の処分場所まで運ばなければいけません。

 

電気屋さんにお願いすることも出来ますが、買い替えの場合でないと処分してくれないという場合もあります。
しかし、このリサイクル券には金額の規定があります。

 

業者によって料金が違うのは、それぞれを処分するためにかかる人件費や燃料代などを加算しているためです。

 

料金は高めですが、引越し業者にお願いすれば荷物を運び出すついでに不用品も処分してもらえるため、負担や手間がかかりません。

 

また、引越し業者によっては処分品の中から使えるものを買い取ってくれるというサービスを行っている場合もあります。

 

リサイクルショップに持っていくのは大変ですが、このサービスを使えばまだ使えるものをリサイクルできる上に費用も抑えることができるのです。

 

また、リサイクル券を発行しなければいけない商品でも、型が新しいものであれば買取を行ってもらえる場合もありますので、見積もりの際に確認しておきましょう。

荷物一時預かりサービス

退去の日と入居の日がずれてしまうという事が発生してしまう事があります。
この場合、引越しで運ぶ予定の荷物をどうにかしなければなりません。

 

そんな時に、決まった期日だけ荷物を引越し業者に保管してもらえるというサービスが存在します。

 

業者によっては、預けている期間中に荷物の出し入れが出来ないという問題が発生する可能性もありますので、事前に荷物の取り扱いについては確認するようにしておきましょう。

 

また、一日単位の預かりサービスもあります。
一日何円という計算ですので、短期間であれば費用を安く抑えることが可能です。

 

さらに、長期間の保存を行ってくれる所もあります。
この場合は、引越し業者が、というよりはコンテナに荷物を預けるという感覚で利用可能です。

 

そのため、引越し予定がない人でも、部屋に入りきれない荷物などが預けられるという場合もあります。
また、別に不要な荷物があれば一緒に処分も行ってくれるサービスもありますので、一緒にプランを組むと少ない荷物で新居に移動することが可能です。

 

さらに、引越し業者であればこの一時預かりサービスの期間終了時には新居まで荷物を運んでくれるという事になっています。

 

引越し当日には安心して身一つで引越し先に向かうということもできます。

 

しかし、保管庫の中では温度や湿度の調整ができないので、楽器や革製品など、悪くなってしまう可能性があるものは預けることが出来ませんので、注意するようにしてください。

 

他にも現金になるものは高価なものは預けることはできません。
あらかじめ見積もりの際に確認しておきましょう。

ペットも一緒に運べる

遠くに引越しをする場合、ペットの移動方法に頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。

 

自分で連れて行くという方法もありますが、移動手段によってはペットにストレスが溜まったりと、健康面などが気になってきます。

 

なので、引越し業者によっては、ペットを一緒に運んでくれるオプションサービスがあるところもあります。
ですが、この場合ペットを荷物として運ぶ所があるのも事実です。

 

ゲージに入れ、移動距離によってはトイレや飲食を我慢させるという事になったり、そのせいで体調が悪くなったりという事にもなりかねません。

 

事前にどのように運ぶのかは見積もりの段階で確認しておくようにしましょう。
また、ペットの引越しを専門にする業者も存在します。

 

これには、ゲージに入れずに飲食やトイレが自由に出来るようにしつつ運ぶ、ペットタクシーというものがあります。

 

さらに、料金は高めですが安心や安全をとりたいという方には、家庭のペットだけでなく、動物園の動物を運んだりするような大手の業者がおすすめです。

 

ペットを安全に目的地まで運んでくれるという信頼がおける業者が良いでしょう。

 

他にも、急な引越しをしなければいけないという場合に、24時間の引越しが可能な引越し業者もあります。

 

また、引越しの期間まで少し日にちが空いているという場合にも、期日までペットをペットホテルに預けられるというサービスもあります。

 

大切なペットですので、予算やサービス、安心を目安に選ぶようにしましょう。

インターネットを使って引越しの見積もり

インターネットを使って引越しの見積もりを取るのは非常に便利です。

 

一度入力するだけで、複数の業者から見積もりを取る事ができ、まとめて比較しやすいので同じ条件の最安値が見つけやすくなります。

 

もし、すでに引越し業者をなんとなく決めていても、引越し料金には定価がなく、その料金が適正なのかは解りません。

 

インターネット上の一括見積もりサイトでは、一度フォームに入力するだけで複数の引越し業者から即時に料金の回答を得る事ができます。

 

後は提示された料金から業者を選び申し込みをすれば良いので非常に便利です。

 

連絡が入ってきた先が一括見積もりサイトだという事は、各引越し業者が知っています。

 

つまり、複数の引越し業者との価格競争になる事が解った上で料金の提示をしてくれます。

 

手間も時間もあまりかからず、同じ条件での最低価格に辿りつきやすくなるのです。

 

しかし、あくまで引越し業者を絞るだけで、ネットやメールだけでの性格な見積もりは出来ません。
メールを送ると電話がかかってくる業者がほとんどです。

 

一括見積もりサイトで出たものは「概算見積もり」です。
正確な見積もりを取るためには電話や訪問が必要です。
結局、訪問見積もりは必ずついてくるものなのです。

 

訪問見積もりは時間も結構かかりますし、他人が家に上がりますので手間だと感じる事もあるでしょう。

 

何件も業者を家に呼んで見積もりをしてもらう必要が無くなるので、業者を絞るにはとても便利なので選び方の一つとして非常におすすめです。

 

女性

このページの先頭へ